放射線のご案内

Loading

放射線

放射線透過試験に関連する測定器、消耗品です。
被爆量や放射能汚染の測定や、放射線の特性を利用した材料内部のきずや構造の観察を行なうことができます。

線量計とは、被曝量の測定に使用する放射線測定器です。
放射線管理区域などで放射線業務に従事する場合は、線量計を装着し被曝量を測定する必要があります。

サーベイメータ(ガイガーカウンター)とは、携帯用の放射線検出器です。
非破壊検査や環境汚染の調査、放射能汚染の測定等、様々な用途で使用されています。

透過度計は、定性的な透過写真の象質の管理および、きず寸法の判断に使用します。

階調計を使用することで、濃度、現像条件、管電圧、錯乱線の状態等の試験条件を管理することができます。

フィルムマーカーは、透過写真に撮影箇所、日付、試験部の有効長さなどを示す記号を写すために使用します。

増感紙は、その名の通り、増感紙の増感作用を利用し、露出時間を短くするために使用されます。
X線フィルムの両面に密着させ使用します。

フィルムカセッテは、フィルムの遮光ケースです。
フィルムをフィルムカセッテに入れることで、明るい場所でも使用することができます。

フィルム観察器は、X線フィルムの観察に使用される、均一な光を照射する装置です。シャウカステンとも呼ばれています。

フィルム濃度計は、放射線透過写真の濃度の測定に使用します。
フィルム観察器を光源に使用する簡易型と、光源を内蔵した光源内臓型の2種類を用意しています。

溶接欠陥試験片は、技能向上に最適な練習用試験片です。


NDTマート
Copyright © NDTmart.jp