超音波のご案内

Loading

超音波

超音波検査とは、厚さ測定や材料内部のきずの確認に広く使用されている検査手法で、非破壊検査の中でも中心的な検査手法です。
NDTマートは超音波検査機器に特に力を入れており、超音波厚さ計、超音波探傷器はもちろんのこと、探触子やケーブルも豊富に取り揃えています。

超音波厚さ計は、超音波の特性を利用し、片面から簡単に鉄・アルミ・ステンレス等の金属の厚みを測定することができる装置です。

超音波探傷器は、溶接部や材料内部の割れやきずの検査に適した検査装置です。
超音波厚さ計では測定することができない厚物や、FRP等の高減衰材の厚さ測定も可能です。

フェーズドアレイ探傷器は、試験体の内部状態を画像化することができる全く新しい探傷器です。従来の超音波探傷器よりもきずの判定が簡単に行えるため、急速に普及が進んでいます。

探触子とは、超音波の発信と受信を行うセンサーのことです。
プローブやトランスデューサーとも呼ばれています。

超音波探傷器や厚さ計で使用されているケーブルです。
様々な種類を用意していいます。

各種コネクタに対応した変換コネクタです。
変換コネクタがあれば、1本のケーブルで様々なコネクタに接続できます。

超音波探傷器の校正や、探傷条件の調整、きずの大きさ評価に使用する各種試験片です。
USAFやAWS、ASME、ASTM、ASME規格に対応したインチサイズの試験片も扱っています。

超音波の伝達に大変優れた高性能なカプラントです。
ゼリー状のため垂れづらく、粗い面の測定にも適しています。


NDTマート
Copyright © NDTmart.jp