探触子(プローブ)のご案内

Loading

探触子(プローブ)

探触子とは、超音波の発信と受信を行うセンサーのことです。プローブやトランスデューサーとも呼ばれています。
発信する超音波の方向により、垂直探触子斜角探触子に分類することができます。
超音波探傷器と組み合わせて使うことで、探傷、厚さ測定などの用途に活用します。

NDTマートが自信を持ってお勧めする、高品質で高性能な探触子です。

NDTマートでは、世界中の探触子メーカーから選定した、厳選したプローブのみを販売しています。
世界品質のプローブが半額程度で手に入ります。是非お試しください。

垂直探触子

一振動子探触子は、受信部と発信部が一つになった探触子です。
超音波探傷において、一般的に幅広く使用されている探触子です。
用途:鋼板・丸棒の探傷、鋼板・パイプの厚さ測定、割れや巣の検出など

二振動子探触子

二振動子探触子は、超音波の発信部と受信部が音響隔離板により分割された構成の探触子です。
比較的薄い範囲の探傷では、二振動子探触子を使用します。
用途:鋼板・丸棒の探傷、鋼板・パイプの厚さ測定、割れや巣の検出など

斜角探触子

試験体に対して、超音波を斜めに伝搬させるための探触子です。
用途:溶接部の探傷、棒材・管材の探傷など

厚さ計用探触子

超音波厚さ計用の二振動子探触子です。
標準タイプから、薄物、厚物、高温用まで、幅広く取り揃えています。
適切ではない探触子を使用すると、測定することができない場合や、まったく異なる値が表示される場合がありますので、NDTマートまでお気軽にご相談ください。


NDTマート
Copyright © NDTmart.jp