工業用内視鏡のご案内

Loading

工業用内視鏡

工業用内視鏡(ビデオスコープ)は、通常では見ることができない狭い場所の検査・点検に使用されています。
近年は、光ファイバーの代わりに超小型撮像素子(CCD)により画像を表示する工業用内視鏡(ビデオスコープ)が普及しています。
工業用内視鏡(ビデオスコープ)は、大きな液晶画面で、ケーブル先端のレンズで撮影した映像をリアルタイムで見ることができます。

NDTマートの工業用内視鏡は、鮮明な画像で確認できるため検査スピードがアップし、また検・検査に必要な時間・人件費の削減に貢献します。

ビデオスコープ

ビデオスコープ(工業用内視鏡)は、大きな液晶画面で、ケーブル先端で撮影した映像をリアルタイムで見る事ができます。
用途に応じて、先端可動式、細径、デュアルレンズなど様々なケーブルのタイプがあります。


NDTマート
Copyright © NDTmart.jp